Takashi Takamatsu

バナーを作成
















オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE


福岡相続〈駄〉散文集
クリック


もし『遺言』があれば...

2012年01月25日

「相続がもめて、あの家売りに出してるらしいよ」
ウソかホントかわかりませんが、
そんなうわさ話がありました。

なんでも、
親御さんが亡くなって、
その子たち(兄弟2人)が財産を相続。

財産と言えるものはその不動産の割合が大きく占め、
現金預金は微々たるもの。

そこでいざこざが!!


今まで親と同居しながら面倒をみていた長男は
現金預金は弟に分ける代わりに
今住んでいる不動産の相続を主張。

一方、弟は不動産の価格と現金預金では
『不動産>現金預金』過ぎてあまりにも不公平とし、
不動産を売って相続財産をきっかり1/2に分けようと主張。

揉めに揉めた後、
相続割合は兄に少し多く分配するとして
弟の主張に近い形で決着。

しかし、兄弟仲は...

というお話。


もし『遺言』があれば、
こんなに揉めることはなく、
兄弟仲も悪くならなかったのではないか、

そう思うような事例はたくさんあります。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも参考になったと思うことがあればポチッとしていただければうれしいです。
         ↓                 ↓                 ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ 
★行政書士ランキング★    ★人気ブログランキング★     ★FC2 Blog Ranking★



同じカテゴリー(遺言・相続・終活)の記事画像
弊所作成のエンディングノートはリニューアル中です
相続関連のHPは改変が大変ですね
終活の一環って言うよりも
『終活:ツアー盛況』
“おひとりさま”のお問い合わせは増えています
“終活”の意識調査
同じカテゴリー(遺言・相続・終活)の記事
 弊所作成のエンディングノートはリニューアル中です (2013-12-23 09:09)
 兄弟仲がいいから (2013-12-09 08:08)
 相続関連のHPは改変が大変ですね (2013-12-06 08:08)
 忘れられがち?遺言書に書いてもらうべき「意外なこと」5つ (2013-11-14 08:08)
 終活の一環って言うよりも (2013-11-03 09:09)
 不動産登記をしっかりしておきたい (2013-11-02 09:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。