Takashi Takamatsu

バナーを作成
















オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE


福岡相続〈駄〉散文集
クリック


相続放棄の申立期限

2011年06月08日

相続放棄「3か月」迫る…被災者、借金も自動で
(讀賣新聞)


6月11日で東日本大震災から3ヵ月。
3ヵ月と言えば相続放棄の申立期限。

このことについて、法務省もHP等を通じて周知を図っているようです。

相続放棄を考えている方へ(相続放棄等の申立て期限が迫っている方がいます)
(法務省)


そもそも相続とは被相続人の財産をすべて受け継ぐこと。

プラスの財産が多ければ特段問題はないのですが、
負債等が多く、プラスの財産よりもマイナス財産が多かった場合、
財産を引き継ぎたくないと当該財産をを放棄することができます。

この相続放棄、
「自己のために相続があったことを知ったときから3か月以内」という期限が
切られております。

しかしこの状況、
期限が差し迫ったとはいえ、
なかなか判断できない方も多いのでは?


で、この相続放棄に係る期限を11月末まで延長しようとする
議員立法も検討されています。

「相続放棄」の期限延長=被災者遺族は11月末まで-政府・民主
(時事ドットコム)


ただ気になるのは、
被相続人の財産を使ったという場合。


原則として、
被相続人の財産を使えば、
被相続人の財産すべてを継承(単純承認)したことになり、
相続放棄ができなくなります。

このような方は、
意外と少なくないのではと思ったりしております。


このあたりは、いったいどのように対処されているのでしょう?



(参考)
民法第915条(相続の承認又は放棄をすべき期間)
相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。


★行政書士ランキング★  ★人気ブログランキング★  ★FC2 Blog Ranking★



同じカテゴリー(遺言・相続・終活)の記事画像
弊所作成のエンディングノートはリニューアル中です
相続関連のHPは改変が大変ですね
終活の一環って言うよりも
『終活:ツアー盛況』
“おひとりさま”のお問い合わせは増えています
“終活”の意識調査
同じカテゴリー(遺言・相続・終活)の記事
 弊所作成のエンディングノートはリニューアル中です (2013-12-23 09:09)
 兄弟仲がいいから (2013-12-09 08:08)
 相続関連のHPは改変が大変ですね (2013-12-06 08:08)
 忘れられがち?遺言書に書いてもらうべき「意外なこと」5つ (2013-11-14 08:08)
 終活の一環って言うよりも (2013-11-03 09:09)
 不動産登記をしっかりしておきたい (2013-11-02 09:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。