Takashi Takamatsu

バナーを作成
















オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE


福岡相続〈駄〉散文集
クリック


成年後見制度をもっと広めていかないと……( ̄ヘ ̄;)

2010年03月30日

認知症の女性に7000万円分販売=そごう社員が貴金属など-広島・呉
(時事ドットコム)

以下引用

大手百貨店「そごう・西武」のそごう呉店(広島県呉市)で、外商を担当していた50代の男性社員が、認知症の疑いがある同県在住の女性(87)に、約7000万円分の貴金属などを売っていたことが29日までに、関係者への取材で分かった。女性側は、成年後見人を通じて代金の返還を求めるという。
 女性側関係者によると、女性は1人暮らしで、2008年と09年の2年間で約7000万円の貴金属や絵画などを同店から購入。ほとんどがクレジットカード払いで、口座残高がなくなると、男性社員に付き添われて銀行に行き、別の口座から金を移したこともあったという。
 関係者によると、女性は今年1月に認知症と診断され入院。08年ごろには既に症状が出ていた可能性が高いという。
 昨年12月、呉市の消費生活センターに市内の銀行から「本人が分からないような取引があり、不審ではないか」との通報があった。同センターから連絡を受けた市の介護保険課が親族に相談し、発覚した。
 そごう呉店は「男性社員は女性が認知症の疑いがあるという認識はなかった」としているが、「結果的にこういう事態になってしまったことは重大」として、内部調査した上で何らかの処分を検討するという。


引用終わり
最近、このような事件をよく聞きます。

残念ですね。


「成年後見制度10年と言っても……(ー_ー;)」でも書きましたが、

・成年後見制度の理解を進めること、
・成年後見制度の活用を広めること、

が今後の課題だと思います。
(制度制定後10年も経って今さらですが……。)


弊所もその役割の一端を担えるよう頑張らないといけませんね!


【参考】
福岡の相続専門サイト「相続相談.com」


コメント・トラックバック大歓迎!

読んでいただきありがとうございます。
少しでも参考になったと思うことがあればポチッとしていただければうれしいです。
  ↓               ↓             ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ  人気ブログランキングへ  



【暮らしの困りごと 行政書士に聞いてみよう!】

高松行政書士事務所ホームページ


同じカテゴリー(遺言・相続・終活)の記事画像
弊所作成のエンディングノートはリニューアル中です
相続関連のHPは改変が大変ですね
終活の一環って言うよりも
『終活:ツアー盛況』
“おひとりさま”のお問い合わせは増えています
“終活”の意識調査
同じカテゴリー(遺言・相続・終活)の記事
 弊所作成のエンディングノートはリニューアル中です (2013-12-23 09:09)
 兄弟仲がいいから (2013-12-09 08:08)
 相続関連のHPは改変が大変ですね (2013-12-06 08:08)
 忘れられがち?遺言書に書いてもらうべき「意外なこと」5つ (2013-11-14 08:08)
 終活の一環って言うよりも (2013-11-03 09:09)
 不動産登記をしっかりしておきたい (2013-11-02 09:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。