Takashi Takamatsu

バナーを作成
















オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE


福岡相続〈駄〉散文集
クリック


特定商取引法&割賦販売法改正で営業しにくくなったとの声2

2009年12月16日

昨日のブログ

「特定商取引法&割賦販売法改正で営業しにくくなったとの声 」

にタイミングを合わせたようなこの記事。


年賀状の「違法販売」続出!? 特商法改正で日本郵政迷走(ダイヤモンドオンライン)
『特商法改正によって、年賀ハガキやゆうパック販売は、郵便配達のついでなら訪問販売、チラシなら通信販売、電話を使えば電話勧誘販売扱いとなり、新たな法規制の対象となった。

たとえ郵便配達のついでに年賀ハガキを販売する場合でも、販売事業者の名称を名乗り、販売目的による訪問であることを告げ、販売できた場合には契約書面を交付し、クーリングオフの説明までしなければならない。

「郵便配達のついでに、『日本郵便の社員です。本日は年賀状の販売目的でお邪魔しました。年賀状を買っていただけるなら、署名捺印をお願いします』なんて言えますか。そんなことできるわけがない」と現場からは怨嗟の声が上がる。』
以上引用



う~ん、
『日本郵便の社員です。本日は年賀状の販売目的でお邪魔しました。年賀状を買っていただけるなら、署名捺印をお願いします』
にはクーリング・オフの事項が入ってないんでいけませんなw


確かに、特商法改正で営業が難儀になった業者さんも多いと思います。

文句の一つでも言いたい気持ちはわからないでもありやせん。


でも、特商法は消費者庁・経済産業省曰く「消費者を守るルール」


その理念に則り、
営業する側もしっかりとした対応を考えて行かなければいけませんね。

コメント・トラックバック大歓迎!

読んでいただきありがとうございます。
ここをポチッとしていただければうれしいです。
↓            ↓             ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ  人気ブログランキングへ  



【暮らしの困りごと 行政書士に聞いてみよう!】

高松行政書士事務所ホームページ

福岡の遺産相続・遺言書作成・相続手続きは【相続相談.COM】

ペットへの遺産相続は福岡の【ペット遺産相続.COM】まで

福岡のセクシャルマイノリティ相談サイト【性的少数者のための法務相談室】

福岡の離婚相談なら【女性のための離婚相談室】


同じカテゴリー(クーリング・オフ)の記事画像
まずは解約手続きを訊いてから!!
同じカテゴリー(クーリング・オフ)の記事
 まずは解約手続きを訊いてから!! (2013-03-08 08:08)
 電話勧誘販売ってやっぱりうざい (2012-04-20 07:07)
 勧誘電話なのに「特定商取引法? 知りません」って...オイ! (2012-04-05 07:07)
 無料エステのはずが… -次々契約の被害が多発- (2012-04-02 07:07)
 押し買い (2012-03-22 07:07)
 しつこい勧誘電話を断る方法PART2……かな? (2010-03-01 08:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。